この絵にタイトルをつけるなら…

June 21, 2020

こんにちは!「とにかく明るいボードゲーマー」ことあららです!

 

最近は大人数でボードゲームをすることができていませんが、その代わりにボードゲームの勉強をたくさんしていますよー!

 

ところで皆さんは年間ゲーム大賞をご存知でしょうか?ドイツはボードゲームの本場と言われていて、毎年ボードゲームの大賞を発表しています!

 

今回は年間ゲーム大賞で2010年に大賞を受賞した「Dixit(ディクシット)」というボードゲームをご紹介!

 

ルールはシンプル、語り部になったプレイヤーは手札のカードに描かれた絵にタイトルをつけてカードを裏向きに出し、他のプレイヤーはそのタイトルに近い絵を手札から出します。

 

全員のカードが揃ったらシャッフルしてオープン!語り部のカードを予想します。語り部のカードを当てたら得点ゲット!

語り部は誰にも自分のカードを当ててもらえなかったり、その逆に全員に当てられてしまうと点数が入りません・・・。

 

つまり、その場にいる全員に伝わるタイトルもダメだし、誰にも伝わらないタイトルを付けてしまってもダメなんです!

 

しかもカードに描かれた絵は独特なものが多くタイトルをつけるのがとても難しい・・・!

 

ちなみに下の5枚のカードの中に僕が「自由」とタイトルをつけたものがあります。どれでしょうか・・・?

 

一緒に遊んだ人の美的センスや価値観が分かる「DiXit」是非遊んでみてください~!

 

Please reload

最新記事
Please reload

Archive