ボドゲ「Word Mine」を語る!

こんばんは(・∀・)

今夜も維新Radioをご覧くださってありがとうございました♬

天才が生まれるボドゲ「Word Mine」を開発者のともきよさんとプレイしましたよ!

クラウドファンディングで商品制作最中の試作品を、先にプレイさせてもらうなんて、幸せなことです!これはクラファン参加した人が羨ましいですよー(>ω<)

「Word Mine」は、回答者一人にお題を当ててもらうゲーム。

回答者以外が、お題に対するヒントを一人一つボードに順番に記載します。自分のヒントで当ててもらったら、ヒントを書いた人と回答者にポイントが入ります。

しかし、そのヒントが他の人が書いたNGワードと一緒だった場合、そのヒントは回答者に見られることなくお蔵入りしてしまいます。

つまりヒントを書く人は、他の人が書きそうな言葉をNGワードに設定しつつ、自分のヒントで回答者に当ててもらわなくてはなりません。

たとえばお題が「公園」だった場合、あらかじめ回答者以外がお題を確認して、NGワードをこっそり設定します。

例)◯参加者A…「NGワード:さんぽ」

  ◯参加者B…「NGワード:ブランコ」

  ◯参加者C…「NGワード:ラジオ体操」

  ◯参加者D…「NGワード:駿府城」

そのあと参加者Aが他の人のNGワードにかからないように考えながら「ヒント:すべり台」と書いたとします。

他の参加者BCDがそれらを見て、NGワードでなければ、回答者にヒントを見せます。

回答者は1つのヒントにつき1つの回答をすることができます。あたったら参加者Aと回答者に1ポイントずつ!

当たらずに参加者Bにターンが移ったとします。

参加者Bが「ラジオ体操」と書いてしまった場合、参加者Cは「ワードマイン!」と発表!この時点で参加者Cには2ポイント入ります。参加者Bのヒントは回答者に見られることなく、参加者Cのターンに移ります。

(今回はすこし簡単なルールでプレイしたようです)

当ててもらうヒントを書きたいのに、ドボンしたくないチキンレース的な要素や、手番によってNGワードを後半の人に出させるしかけを考える戦略要素、最後にNGワードを公開して話すコミュニケーション要素など、たくさんのおもしろポイントがあります♬^^

将来的にジェリールームでもプレイできるようにしますので、ぜひプレイしにきてくださいね!

今後もともきよさんのご活躍に期待しております!!

最新記事
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン