【とても】TRPG初体験レポート【長い】

TRPGを初めて遊んできました!

今回のブログは当日のレポートです!(※長いです)

プレイ日時:2017.03.04(土)10:30~19:30(キャラメイク時間含む)

昼間は春の陽気、朝夕は冬の寒気が顔を覗かせたような一日。

といっても暖かかった時間帯はプレイ中。

帰る頃にはすっかり暗く、寒くなっていたのが印象的でした。

当日遊ぶメンツは仲の良い方々だと事前に分かっていたので、

ある種の安心感の中で合流→遊び場となるカラオケ店へ。

道中の会話にて

「キャラメイクと打ち合わせで、ゲーム開始までに3時間かかった人達も知っている」

との話を聞き軽く戦慄しました。

「玄人は話すこといっぱいあるかもしれないけど、

 僕初心者だしそんなにかからんて」と思っていました。思っていました。

実際1時間半かかったんですけどね。これあるあるなのかな?

※今回は1時間半かかりましたが、この部分を簡略化しているパターンなど

色々あるそうです。

TRPG初心者の驚きポイント①『キャラメイクの時間もしっかり楽しい』。

キャラの個性を表す能力値(体力、体格、知性、精神力、敏捷性etc...)を決める際は、

ダイスを振って出た値を使います。ワーキャー言いながらダイスを振り続けます。

この時間楽しい。何が楽しいって、ダイスを振るのが楽しい!!!

キャラクター3人分の能力値をダイスから作成。

その中からこの先自分の分身となるキャラクターを選びます。

今回はキーパーさん(GM、ゲームマスターのこと。キーちゃん。)に配慮いただき、

このシナリオにて使いそうなスキル、使わなそうなスキルを教えてもらいながら

数値の割り振り。ここも悩むこと悩むこと。

キャラメイクと数値割り振りに無理がないか、キーちゃんチェックタイムを通過した所で正午を回りました。(1時間半経過)

お昼を挟んで本格的にゲームを開始しました。

今回遊ばせてもらったのはコチラ。

-------------------------------------------------------------------

サークル名【Wizard of OZ】さん 公式HPより

-------------------------------------------------------------------

【クトゥルフ神話TRPGシナリオ 殺人姫】

「あの子を殺さなきゃ。あの子は、殺人姫なの!」

霧の街ロンドンで起こった凄惨な殺人事件は