「ある映画館からの脱出」に行ってきた

July 12, 2016

こんにちは。

久しぶりのブログ更新となってしまいました。

 

いま、謎制作が佳境に入っており、ブログどころじゃない!というわけなんですが、なぜか余裕こいて「ある映画館からの脱出」に行ってきました。

 

諸事情により、コナンの脱出ゲームに行けなかったので、暗殺教室2以来のSCRAP公演でした。

 

ネタバレしないようにレポートします。

 

映画館で行われた謎解きゲームということで、なんだかいつもと違った雰囲気。

だけど、物語というか世界というか、脱出ゲームへの没入感はありました。映画館ですもの。

 

ゲーム自体は6人制ではなく、1人でやるものでした。

それをみんなでやってもよし、一人でやっても良しな感じの、周遊タイプの仕組みでした。

僕は3人で参加しましたが、ここは謎解き作っている身としては一人でやりましょうや!ってことで、一人プレイでチャレンジ!

しかしながら、作ることはできても解くのが苦手な自分でしたので、いささか心配。

そしてはじまって案の定さっぱりわからない。

他の参加者たちはどんどん第一関門を突破していく・・。

 

諦めの早い僕は、隣の連れの答えを堂々とカンニングして突破していきました!

しかし、終盤にさしかかり、3人の手が止まる・・・。

まずい、このままではクリアできない・・・!

すると、スタッフのお姉さんたちが「ヒント提供します」と竿屋のごとく回ってきたので、ここで死ぬよりは恥を忍んで聞いちゃおう!とヒントをもらい、最終関門突破!!笑

そしてラスト問題。もう時間は3分くらいしかない。

ああ、わからない・・・。

でも無理矢理答えに持って行き、納得出来ない感じだけど多分これが答えだ!!

と、残り30秒でダッシュして(ダッシュはいけません)、ラスト1秒で提出。

なんとか最終までたどり着きました。

 

でもたぶん答えが違うだろうと思っていたら・・・

 

なんとなんと、

脱出成功でした!!!

 

拍子抜けしちゃって、ポカーンでしたが、

60人中8名脱出で、なんとかその中にはいれてよかったよかった(^^)

 

謎自体は、ごくごくオーソドックスな感じでした。

結構初心者にもいい感じかもしれません。

でも映画をみながらってところがミソなので、普段の脱出ゲームな感じとは違うかも。

問題がオーソドックスって感じですな。

 

でも楽しかったので、また謎解きいきたいなと思っています。

 

個人的に、今月終わりに名古屋に行くので、名古屋の謎解きに参戦したいです!!

 

 

 

 

 

 

Tags:

Please reload

最新記事

July 5, 2020

Please reload

Archive