【小説第3話】たぬきからの脱出

 そうやって身を乗り出されると、露出した胸元がより強調されて、目の保養……改め、大変目の毒である。

「いいいいかにもッ! 私が、あの! 名探偵ジェリーだッ!!」

 視線をそらしたり戻したりしながら、ジェリーはそう言って得意げに胸を張る。心中では、彼女が自分のことを知っていたという事実に、すっかり有頂天だった。

「実は、少し困りごとがあって……助けて下さる?」

 女はそう言って、ジェリーに向かって更に身を乗り出してきた。

「ほほぅ、困りごととは……ッ?」

 毎秒2mmの速さで伸び続ける鼻の下を持て余しながら、ジェリーは彼女に尋ねる。

 女は妖艶に微笑むと、勿体つけるようにしてゆっくりと口を開いた。

「下着が……」

 女がその単語を発した時、ジェリーの興奮は最高潮に達する。鼻血を噴き出すまいと必死でこらえるが、めくるめく妄想は止められなかった。

「盗まれてしまったのよ。お気に入りだったのに」

 深いブルーで彩られたネイルが、大きく開いた胸元をすっと撫でる。

「それはもう仕方が無いと思えるのだけれど……何だか怖くって……」

 更には伏し目がちな視線とのコンボを決められて、ジェリーはもうK.O.寸前である。

「ならば、私の出番のようだなッッ!!」

 ――いや、すでにK.O.されていたようだ。

「美しい女性の危機に、黙っているようでは探偵の名がすたるッッ! その事件、私が解決しようッッ!!」

 勢い込んで拳を握りながらそう断言するジェリー。見切り発車もいいところであるが、彼女はジェリーの言葉に安堵したように微笑んだ。

「本当? すごく嬉しい! ……それじゃあ、この後少しよろしいかしら?」

 マスターが差し出したグラスに口をつけてから、彼女はひときわ艶やかな笑みでジェリーに問いかける。

「また泥棒がきたらと思ったら、怖くて眠れそうにないの……。ご一緒して下さる?」

 飛び出した爆弾発言に、ジェリーの血圧は最高値を更新(2回目)。今にも鼻から全身の血液が噴き出しそうである。

「ももももも勿論だともッ!!!!」

 もはや余裕がある風を取り繕うことさえできない。ジェリーの頭の中は、既にあんな妄想やこんな妄想であふれかえっていた。

「私の名前は花野舞。よろしくね、ジェリーさん」

 そう微笑んだ彼女のグラスが空になるのに、さほど時間はかからなかった。

最新記事
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン