あの日から10年…今一度防災の見直しを!

こんにちは、実は岩手県出身のよしえです😊


先日、東日本大震災からちょうど10年を迎えましたね。

私は当時中学1年生で、岩手県の内陸にある中学校に通っていました。

当時のことをあまり話すことはなかったのですが、ちょうど10年の節目ですので、

ちょっとだけ思い出を語ろうかなと思います。

苦手な方はここでブラウザバックしてくださいね。





震災が起こった2時46分はちょうど掃除の時間で、4階の教室の掃除をしていました。


岩手県は元々地震が多い土地ですし、この震災の前にも何度か震度5以上の地震を経験していましたので、

揺れの体感で地震の大きさは何となく予想できるんです。

その時も「あ、これ結構やばい地震かも。」と簡単に予想が出来ました。



揺れが始まってすぐに机の下にもぐって身を守る準備をしましたが、4階ということもあってか、

机から体がはみ出てしまうほどのすさまじい揺れだったことを覚えております。




揺れが収まってから、生徒全員が先生の誘導に従って校庭に避難しました。

避難後も余震が何度も続いており、私のクラスの友達の中には、怖くて泣いてしまっている子もいました。



余震がある程度収まった後は、帰る算段が取れた生徒から順次帰宅ということになりました。

実は私が通っていた中学校は中高一貫校で、高校の部には3つ違いの姉が通っていました。

私がどうしたらいいか困っていたら、突然姉が現れて「よしえ、帰るぞ!」といって、手を繋いで一緒に帰ってくれたんです。

普段はあまり頼りない?というかへなちょこな姉なんですが、この時ばかりは、

「ああ、この人ちゃんと姉なんだな」と実感しました。







家に帰ると、家の中はもう予想通りとんでもないことになっていました。

自宅の食器棚は観音開きの戸だったので台所は割れ物だらけ、子供部屋はすべての本棚から教科書や

参考書がひっくり返り、足の踏み場もありませんでした。



断水はすぐに回復しましたが、停電は1週間弱ほど続きました。

私の祖父は防災をしっかりしている人だったので家に発電機があり、数日は豆電球を家中に張り巡らせて

しのいでいました。

周りの家を見ると自分の家だけ明かりがついていたので、祖父の防災力には本当に脱帽です。