• tanteijelly

【第15話】たぬきからの脱出

 クビになったからといってそのまま家に帰る気にもなれず、ジェリーはふらふらと街をさまよっていた。

 あれから何時間経っただろうか。朝食も昼食もとっていないから、腹がぐうぐうと盛大に鳴っている。太陽は既に沈み始め、時刻はおそらく夕刻に近いだろう。

 まるで死人のような形相で歩くジェリーと、それを遠巻きに見ながら眉間に皺を寄せる街の人々。

 むなしい。所詮、自分の人生——いや、たぬき生なんてこんなものなのかと、ジェリーは途方に暮れていた。

 よりどころを求めたジェリーの足は、いつの間にか両替町に向かっている。

 辿り着いたのはいつものあの店、ショットバー「K」。

 思い返せば今も昔も、ジェリーにとって唯一の『心安らぐ場所』はここだった。

 ——まだ少し営業開始までは間があるが、駄々をこねて少しおいてもらおう。

 そう考えたジェリーは、カランコロンとドアベルを鳴らして店内に足を踏み入れた。

「おお! ジェリー! ちょうどいいところに!」

 予想に反して、マスターはジェリーのことを満面の笑みで迎え入れる。

「とにかく、早くこっちにこい!」

 手招きされるままに歩み寄るが、ジェリーにはマスターのテンションがどうしてそんなに高いのか、見当がつかない。

 訝しげな表情のまま『いつもの席』に腰かけたジェリーは、マスターを見上げて皮肉気に笑った。

「なに? ——もしかして、人間に戻る方法が見つかったワケ?」

 まさかそんなはずがない、という語調で尋ねる。

 しかし、マスターは「よくぞ聞いてくれました」とばかりに得意げな笑みを浮かべていた。

 すっかりいじけてヤケになっていたジェリーの心が、少しずつざわざわと騒ぎだす。

「あいにく方法はまだ見つかっちゃあいないが……限りなくそれに近付いた、と言ってもいい」

 自信満々にマスターが放った予想外の言葉に、思わず目を見開いた、その時。

「——君が噂のジェリーか」

 聞き覚えの無い低い声が、そうやってジェリーの名を呼んだ。

 マスターと自分しかいないと思っていた店内。

 不意に響いた『誰か』の声に、ジェリーは肩を震わせ辺りを見回す。

「だだだ、誰っ?!」

 ビクビクするジェリーを笑いながら、マスターがジェリーの席のすぐ隣のスツールを顎で示した。

「失敬、申し遅れたな」

 なんともジェントルメンな言葉と共にこちらを見上げているのは——トカゲに似ているが、そうではない。彼はおそらく——。

最新記事

すべて表示

【第16話】たぬきからの脱出

「おれはカメレオンのメロン。よろしく頼むぜ」 そう言ってぎょろぎょろと目玉を回転させながら、メロンは器用にパイプをくわえなおした。 タキシードと蝶ネクタイを身にまとったその姿は、カメレオンのくせに(なんて言ったらこの世の全カメレオンを敵にまわしそうだが)非常にダンディで、かっこよくきまっている。 「——よろしく、って、一体何が?」 カッコイイ奴は昔からいけ好かない。 不機嫌そうに半目になりながら、

【小説第14話】たぬきからの脱出

「はいはい。充分に存じております。私は今日でクビ……って、えーーーーッッ?!」 意図せず華麗なノリ突っ込みを披露することになったジェリーは、望月課長のデスクの前に駆け付け、足りない身長でぴょんこぴょんこしながら今にも掴みかからんばかりの勢いで抗議する。 「どどどどど、どうしてですかッ?! そりゃあ確かに人より少—しばかり遅刻は多いかもしれませんがッッ!!!」 机から身を乗り出して、じたばたともがい

【小説第13話】たぬきからの脱出

「さ、散々だった……」 押されて揉まれて踏みつぶされて、靴跡だらけのジェリーが勤務先である市役所に辿り着いたのは、業務開始時刻から三十分ほど後のことだった。 「あーー……また望月課長にどやされる……」 ただでさえ万年窓際族として肩身が狭いのに、今月に入ってもう三度目の遅刻だし。しかも見た目はたぬきだし。 はあぁ〜〜、と重い溜息をつきながら建物の中に入る。するすると階段を上がって自分のフロアに辿り着

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン