• tanteijelly

【小説第10話】たぬきからの脱出

「ええぇぇぇぇぇぇぇぇっ?!」

 ジェリーは大声をあげてわなわなと震えだす。

「ここっここっこ、これは……?!」

 縋るようなまなざしでマスターを見上げると、彼は居た堪れないような表情をして、小さな鏡を差し出した。

「——とにかく、自分の目で確認するといい」

 その重々しい口調が、ことの重大さを物語っている。

 ジェリーは恐る恐る、自分の顔の前に差し出された鏡を覗き込んだ。

 ——丸々とした顔。薄茶色の毛。両目の周りをぐるっと囲んだ、こげ茶色のふちどり。

 ——それは、たぬきだった。どこからどう見ても、たぬき以外のなにものでもなかった。

「うえぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ?!」

 ジェリーは再び大声をあげながら、自分の顔をあちこち触って事実を確認する。

 さらさら。もふもふ。ぷにぷに。ふわふわ。

 感触を確かめつつ、ついでにほっぺたを思い切りつねってみたりしたが、現実は変わらない。ほっぺただって痛い。

「どどどどうしてっ、私がっ、たたたたぬきに……っ?!」

 動揺のあまり小刻みに震えるジェリーに、マスターは沈痛な面持ちで尋ねた。

「お前さん、さっきまで自分が何してたか覚えてるか?」

 咄嗟のことで即答できなかった。

 どうやら目覚めるまでの記憶が少しあいまいになっているようだ。

「えーっと……たらふく飲んで、よっぱらって、それで……えっと、栄養ドリンク……?」

 そこまで言って、ジェリーは一緒に酒を飲んでいた親切な紳士が忽然と姿を消していることに気付いた。

「あれ? あのオジサンはどこにいっちゃったわけ?」

 ジェリーの不安げな視線を受けて、マスターは苦々しげな表情のまま続ける。

「悪い……。あのドリンクを飲んで、ジェリーがいきなり倒れたことに動転しちまってな……。気付いたらいなくなってた」

「ええっ?!」

 どさくさにまぎれて帰宅してしまったのだろうか。人一人倒れているのに?

 いや、そんなことをするような人間にはとても見えなかった。彼は非常に親切で……。

「——やられたな」

 マスターはそう言って鋭く舌打ちをした。

最新記事

すべて表示

【第16話】たぬきからの脱出

「おれはカメレオンのメロン。よろしく頼むぜ」 そう言ってぎょろぎょろと目玉を回転させながら、メロンは器用にパイプをくわえなおした。 タキシードと蝶ネクタイを身にまとったその姿は、カメレオンのくせに(なんて言ったらこの世の全カメレオンを敵にまわしそうだが)非常にダンディで、かっこよくきまっている。 「——よろしく、って、一体何が?」 カッコイイ奴は昔からいけ好かない。 不機嫌そうに半目になりながら、

【第15話】たぬきからの脱出

クビになったからといってそのまま家に帰る気にもなれず、ジェリーはふらふらと街をさまよっていた。 あれから何時間経っただろうか。朝食も昼食もとっていないから、腹がぐうぐうと盛大に鳴っている。太陽は既に沈み始め、時刻はおそらく夕刻に近いだろう。 まるで死人のような形相で歩くジェリーと、それを遠巻きに見ながら眉間に皺を寄せる街の人々。 むなしい。所詮、自分の人生——いや、たぬき生なんてこんなものなのかと

【小説第14話】たぬきからの脱出

「はいはい。充分に存じております。私は今日でクビ……って、えーーーーッッ?!」 意図せず華麗なノリ突っ込みを披露することになったジェリーは、望月課長のデスクの前に駆け付け、足りない身長でぴょんこぴょんこしながら今にも掴みかからんばかりの勢いで抗議する。 「どどどどど、どうしてですかッ?! そりゃあ確かに人より少—しばかり遅刻は多いかもしれませんがッッ!!!」 机から身を乗り出して、じたばたともがい

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン