• tanteijelly

【小説第7話】たぬきからの脱出

「う~~、ヒィック」

 間の抜けたしゃっくりを繰り返すジェリーの目は、完全にすわっていた。

「どぉぉ~~~してわたしがっっ!下着ドロボウあつかいされなきゃならないのぉ~~~っ!?」

 本日何度目かの問いを、ほとんど叫ぶような口調で投げつける。

「そりゃあ……お前が、その、何かよからぬことをやらかしたんじゃないか?」

 そんなことを言われたって、事情を知らないマスターは適当にはぐらかすしかない。

「もぉぉぉぉ!!! なんでそんなこというわけぇぇっ?! マスターのあほ~~っ! はげ~~っ!!」

 そして本日何度目かになる泣き言と共に、ジェリーはみっともなくぐしぐしと泣きじゃくり始めた。

「ったく……。ジェリー、いい加減にしろよ。そんなんじゃあ仕事に差し障るぞ」

 マスターはすっかり呆れ顔で、「明日も仕事だろう」とジェリーをたしなめる。

「うるは~~い! わたしはいまっ! のまねばやってられんのだぁ~~!!」

 ろれつのまわらない状態で、どうやって仕事をこなすというのだろう。

「ほっほっほ。飲みっぷりのいいひとは好きですよ」

 紳士はそう言いながら、自分の前にあるグラスをくいっと傾ける。

 ことあるごとに先客であった彼がそう言ってもちあげてくれるので、今日のジェリーは大変気持ちよーく酔っぱらうことができた。

「あんまり甘やかさないでやって下さい。こいつ、放っておくとつけあがりますから」

「いやいや、私は本当のことを言っているまでですよ」

 困ったように言うマスターを飄々といなしながら、紳士は指先で豊かなあごヒゲを撫でる。

 彼もジェリーに付き合って相当な量の酒を飲んでいるはずだが、顔色一つ変わっていない。おそらくはかなりの酒豪だろう。

「とはいえ、ジェリーさんをここまで酔わせてしまったのは私の責任でもありますから」

 紳士はそう言って、カバンから一本の小瓶を取り出した。

最新記事

すべて表示

【第16話】たぬきからの脱出

「おれはカメレオンのメロン。よろしく頼むぜ」 そう言ってぎょろぎょろと目玉を回転させながら、メロンは器用にパイプをくわえなおした。 タキシードと蝶ネクタイを身にまとったその姿は、カメレオンのくせに(なんて言ったらこの世の全カメレオンを敵にまわしそうだが)非常にダンディで、かっこよくきまっている。 「——よろしく、って、一体何が?」 カッコイイ奴は昔からいけ好かない。 不機嫌そうに半目になりながら、

【第15話】たぬきからの脱出

クビになったからといってそのまま家に帰る気にもなれず、ジェリーはふらふらと街をさまよっていた。 あれから何時間経っただろうか。朝食も昼食もとっていないから、腹がぐうぐうと盛大に鳴っている。太陽は既に沈み始め、時刻はおそらく夕刻に近いだろう。 まるで死人のような形相で歩くジェリーと、それを遠巻きに見ながら眉間に皺を寄せる街の人々。 むなしい。所詮、自分の人生——いや、たぬき生なんてこんなものなのかと

【小説第14話】たぬきからの脱出

「はいはい。充分に存じております。私は今日でクビ……って、えーーーーッッ?!」 意図せず華麗なノリ突っ込みを披露することになったジェリーは、望月課長のデスクの前に駆け付け、足りない身長でぴょんこぴょんこしながら今にも掴みかからんばかりの勢いで抗議する。 「どどどどど、どうしてですかッ?! そりゃあ確かに人より少—しばかり遅刻は多いかもしれませんがッッ!!!」 机から身を乗り出して、じたばたともがい

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン