• tanteijelly

【小説第4話】たぬきからの脱出

 舞と共に訪れた彼女の自室は、「K」からすぐそこにあるアパートの一室だった。

一階のベランダは植え込みで街路から仕切られているが、大の男が力づくで侵入しようと思えば不可能ではないだろう。

 「これは……張り込みが必要だなッッ!!」なんてもっともらしいことを言いながら、ジェリーは一晩ここに居座る気満々である。革張りのソファの上にふんぞりかえりながら、鼻息で鼻の穴をふくらめている。

「ええ、勿論そのつもりよ。あなたが良ければ、だけど」

 舞はそう言いながら、キッチンから二つのカップを持ってきた。コーヒーのよい香りが室内を満たす。

『ここここれはアレか……?! 「今夜は寝かせませんよ」とか、そういう……ッッ!!』

 ご都合主義もここに極まれり。ジェリーの妄想はもう止まらなかった。

 ジェリーは彼女の厚意に応えるべく、そっとカップに右手を伸ばした。しかし、白い持ち手に触れようとした瞬間ハッとする。

 砂糖がない。ミルクがない。

 恥ずかしながらジェリーはブラックコーヒーが飲めない男だった。しかしそんなこと口が裂けても言えない。何故かって、そんなの簡単。格好悪いからだ。

「そそそそれで、問題の下着というのは……ッ」

 ジェリーの手元に注がれていた舞の視線が動き、ジェリーのそれとかち合う。

「――ふふふ、そんなに気になるの?」

 舞はそう言って、ジェリーの隣に腰かけた。指先でジェリーの肘に触れながら、思わせぶりな流し目を一つ。

「せっかちはダ・メ。……それよりコーヒーはいかが? せっかく淹れたのに、冷めてしまうわ」

 彼女はそう言って、自分の分のカップに口をつけた。これはますます言えない。彼女が飲めるブラックコーヒーを、自分は飲めません、だなんて。

「い、いや、しかし……事件の解決には証拠の確認が不可欠であって……!!」

 ジェリーはなんとか話題を変えようと必死だ。事件の解決において、状況の把握がどれだけ大切かを切々と語り始める。

 舞もはじめは相槌をうちながら真剣に聞いていたが、次第に飽きてしまったようだ。長い髪を弄りながら、不満そうな顔で唇を尖らせている。

「――……ねぇ」

 業を煮やした舞が身体を傾けて、ジェリーに思い切りもたれかかってきた。

「お話より、もっと楽しいこと……しましょ?」

最新記事

すべて表示

【第16話】たぬきからの脱出

「おれはカメレオンのメロン。よろしく頼むぜ」 そう言ってぎょろぎょろと目玉を回転させながら、メロンは器用にパイプをくわえなおした。 タキシードと蝶ネクタイを身にまとったその姿は、カメレオンのくせに(なんて言ったらこの世の全カメレオンを敵にまわしそうだが)非常にダンディで、かっこよくきまっている。 「——よろしく、って、一体何が?」 カッコイイ奴は昔からいけ好かない。 不機嫌そうに半目になりながら、

【第15話】たぬきからの脱出

クビになったからといってそのまま家に帰る気にもなれず、ジェリーはふらふらと街をさまよっていた。 あれから何時間経っただろうか。朝食も昼食もとっていないから、腹がぐうぐうと盛大に鳴っている。太陽は既に沈み始め、時刻はおそらく夕刻に近いだろう。 まるで死人のような形相で歩くジェリーと、それを遠巻きに見ながら眉間に皺を寄せる街の人々。 むなしい。所詮、自分の人生——いや、たぬき生なんてこんなものなのかと

【小説第14話】たぬきからの脱出

「はいはい。充分に存じております。私は今日でクビ……って、えーーーーッッ?!」 意図せず華麗なノリ突っ込みを披露することになったジェリーは、望月課長のデスクの前に駆け付け、足りない身長でぴょんこぴょんこしながら今にも掴みかからんばかりの勢いで抗議する。 「どどどどど、どうしてですかッ?! そりゃあ確かに人より少—しばかり遅刻は多いかもしれませんがッッ!!!」 机から身を乗り出して、じたばたともがい

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン