• tanteijelly

【小説第3話】たぬきからの脱出

 そうやって身を乗り出されると、露出した胸元がより強調されて、目の保養……改め、大変目の毒である。

「いいいいかにもッ! 私が、あの! 名探偵ジェリーだッ!!」

 視線をそらしたり戻したりしながら、ジェリーはそう言って得意げに胸を張る。心中では、彼女が自分のことを知っていたという事実に、すっかり有頂天だった。

「実は、少し困りごとがあって……助けて下さる?」

 女はそう言って、ジェリーに向かって更に身を乗り出してきた。

「ほほぅ、困りごととは……ッ?」

 毎秒2mmの速さで伸び続ける鼻の下を持て余しながら、ジェリーは彼女に尋ねる。

 女は妖艶に微笑むと、勿体つけるようにしてゆっくりと口を開いた。

「下着が……」

 女がその単語を発した時、ジェリーの興奮は最高潮に達する。鼻血を噴き出すまいと必死でこらえるが、めくるめく妄想は止められなかった。

「盗まれてしまったのよ。お気に入りだったのに」

 深いブルーで彩られたネイルが、大きく開いた胸元をすっと撫でる。

「それはもう仕方が無いと思えるのだけれど……何だか怖くって……」

 更には伏し目がちな視線とのコンボを決められて、ジェリーはもうK.O.寸前である。

「ならば、私の出番のようだなッッ!!」

 ――いや、すでにK.O.されていたようだ。

「美しい女性の危機に、黙っているようでは探偵の名がすたるッッ! その事件、私が解決しようッッ!!」

 勢い込んで拳を握りながらそう断言するジェリー。見切り発車もいいところであるが、彼女はジェリーの言葉に安堵したように微笑んだ。

「本当? すごく嬉しい! ……それじゃあ、この後少しよろしいかしら?」

 マスターが差し出したグラスに口をつけてから、彼女はひときわ艶やかな笑みでジェリーに問いかける。

「また泥棒がきたらと思ったら、怖くて眠れそうにないの……。ご一緒して下さる?」

 飛び出した爆弾発言に、ジェリーの血圧は最高値を更新(2回目)。今にも鼻から全身の血液が噴き出しそうである。

「ももももも勿論だともッ!!!!」

 もはや余裕がある風を取り繕うことさえできない。ジェリーの頭の中は、既にあんな妄想やこんな妄想であふれかえっていた。

「私の名前は花野舞。よろしくね、ジェリーさん」

 そう微笑んだ彼女のグラスが空になるのに、さほど時間はかからなかった。

最新記事

すべて表示

【第16話】たぬきからの脱出

「おれはカメレオンのメロン。よろしく頼むぜ」 そう言ってぎょろぎょろと目玉を回転させながら、メロンは器用にパイプをくわえなおした。 タキシードと蝶ネクタイを身にまとったその姿は、カメレオンのくせに(なんて言ったらこの世の全カメレオンを敵にまわしそうだが)非常にダンディで、かっこよくきまっている。 「——よろしく、って、一体何が?」 カッコイイ奴は昔からいけ好かない。 不機嫌そうに半目になりながら、

【第15話】たぬきからの脱出

クビになったからといってそのまま家に帰る気にもなれず、ジェリーはふらふらと街をさまよっていた。 あれから何時間経っただろうか。朝食も昼食もとっていないから、腹がぐうぐうと盛大に鳴っている。太陽は既に沈み始め、時刻はおそらく夕刻に近いだろう。 まるで死人のような形相で歩くジェリーと、それを遠巻きに見ながら眉間に皺を寄せる街の人々。 むなしい。所詮、自分の人生——いや、たぬき生なんてこんなものなのかと

【小説第14話】たぬきからの脱出

「はいはい。充分に存じております。私は今日でクビ……って、えーーーーッッ?!」 意図せず華麗なノリ突っ込みを披露することになったジェリーは、望月課長のデスクの前に駆け付け、足りない身長でぴょんこぴょんこしながら今にも掴みかからんばかりの勢いで抗議する。 「どどどどど、どうしてですかッ?! そりゃあ確かに人より少—しばかり遅刻は多いかもしれませんがッッ!!!」 机から身を乗り出して、じたばたともがい

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン