【第15話】たぬきからの脱出

April 13, 2016

 クビになったからといってそのまま家に帰る気にもなれず、ジェリーはふらふらと街をさまよっていた。

 

 あれから何時間経っただろうか。朝食も昼食もとっていないから、腹がぐうぐうと盛大に鳴っている。太陽は既に沈み始め、時刻はおそらく夕刻に近いだろう。

 

 まるで死人のような形相で歩くジェリーと、それを遠巻きに見ながら眉間に皺を寄せる街の人々。

 

 むなしい。所詮、自分の人生——いや、たぬき生なんてこんなものなのかと、ジェリーは途方に暮れていた。

 

 

 

 よりどころを求めたジェリーの足は、いつの間にか両替町に向かっている。

 

 辿り着いたのはいつものあの店、ショットバー「K」。

 

 思い返せば今も昔も、ジェリーにとって唯一の『心安らぐ場所』はここだった。

 

 ——まだ少し営業開始までは間があるが、駄々をこねて少しおいてもらおう。

 

 そう考えたジェリーは、カランコロンとドアベルを鳴らして店内に足を踏み入れた。

 

「おお! ジェリー! ちょうどいいところに!」

 

 予想に反して、マスターはジェリーのことを満面の笑みで迎え入れる。

 

「とにかく、早くこっちにこい!」

 

 手招きされるままに歩み寄るが、ジェリーにはマスターのテンションがどうしてそんなに高いのか、見当がつかない。

 

 訝しげな表情のまま『いつもの席』に腰かけたジェリーは、マスターを見上げて皮肉気に笑った。

 

「なに? ——もしかして、人間に戻る方法が見つかったワケ?」

 

 まさかそんなはずがない、という語調で尋ねる。

 

 しかし、マスターは「よくぞ聞いてくれました」とばかりに得意げな笑みを浮かべていた。

 

 すっかりいじけてヤケになっていたジェリーの心が、少しずつざわざわと騒ぎだす。

 

「あいにく方法はまだ見つかっちゃあいないが……限りなくそれに近付いた、と言ってもいい」

 

 自信満々にマスターが放った予想外の言葉に、思わず目を見開いた、その時。

 

「——君が噂のジェリーか」

 

 聞き覚えの無い低い声が、そうやってジェリーの名を呼んだ。

 

 マスターと自分しかいないと思っていた店内。

 

 不意に響いた『誰か』の声に、ジェリーは肩を震わせ辺りを見回す。

 

「だだだ、誰っ?!」

 

 ビクビクするジェリーを笑いながら、マスターがジェリーの席のすぐ隣のスツールを顎で示した。

 

「失敬、申し遅れたな」

 

 なんともジェントルメンな言葉と共にこちらを見上げているのは——トカゲに似ているが、そうではない。彼はおそらく——。

Please reload

最新記事

November 10, 2019

November 3, 2019

November 2, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags