【小説第8話】たぬきからの脱出

April 6, 2016

「んぁ~~~? 何ですかな、それはぁー?」

 

 酔いのせいで既に目の焦点が合っていないジェリーが、興味深げに身を乗り出した。

 

 茶色い瓶に、青いラベル。サイズからしても、オロ○ミンCとかリポ○タンDとか、そういったものを想像させる。

 

「私が見つけた、その日の酔いを次の日に残さない『とっておき』ですよ」

 

 紳士はそう言って意味深に笑った。もはや『その日』でも『次の日』でもないことなど気にならないくらい、とんでもない秘密を隠していそうなとっておきの笑みだ。

 

「味には少々難ありですが、効果はてきめん。これもせっかくのご縁ですから、一本差し上げますよ」

 

「うぉお~~! いいんですかなっ?!」

 

 紳士がそう言って差し出した小瓶に、ジェリーは一も二もなく飛びついた。

 

 苦かろうがしょっぱかろうが、背に腹はかえられない。

 

 ジェリーも実際心の奥底では、飲み過ぎたことを自覚しているのだ。

 

 そういえば上司の望月にもどやされたばかりだったし、これ以上問題ごとの種を増やしたくはない。

 

「そのドリンクは初めて見ますな。そんなに効くんですか?」

 

 マスターが興味深げにジェリーの手の中にある小瓶を眺める。

 

「ええ、そりゃあもう……」

 

 そう言って紳士は、喉の奥でくつくつと笑った。

 

「そんじゃあ、いっただっきまぁ~~す!!!」

 

 プシュッと小気味のよい音をたてて、ジェリーが瓶のフタを開ける。

 

 天井をあおいで喉を鳴らしながら、一気に飲み干した。

 

「ウゲ~~っ!!」

 

 確かにマズイ。とんでもなくマズイ。

 

 消しゴムをコーヒーにつけこんで一時間くらいこんがり焼き上げたような味だ。

 

 しかし、こう、何だか身体の奥底が熱くなってくるような。

 

 お腹の奥の奥の方から、何やら得体の知れないパワーが湧き上がってくるような。

 

「――れれれ~……?」

 

 そのうちに、ジェリーの視界はくるくると盛大に回転し始めた。

 

「まぁ~わぁ~るぅ~……」

 

 やがてゆっくりと世界は傾き、陽炎のようにゆらゆらとゆらめきながらホワイトアウトする。

 

「おいっ!! ジェリー! ジェリー!!」

 

 マスターの取り乱したような呼び声を遠くに聞きながら、ジェリーはゆっくりと意識を手放した。

 

「しっかりしろ! ジェリー! ――ジェリーーーッ!!!」

 

 ガタガタという物音、マスターの雄たけび。

 

 それにまぎれてごくごく小さく、ほっほっほという何者かの、愉悦を含んだ笑い声が聞こえた気がした。

Please reload

最新記事

November 10, 2019

November 3, 2019

November 2, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags