おめでとうございます!

あなたは迷宮トランプ王国から脱出することができました!

バラのアーチを抜けたとたん、ジェリーたちは足下がくずれる感覚に襲われた。


「うわわわわ!お、おとしあなだぁぁ!!」
 

しばらくの間、穴を転げ落ちていた。
上も下もわからなくなって、泣きそうなのをこらえるために、ジェリーは目をつぶった。

 


つぎに目を開けるとそこにあったのは、書類の山。
ジェリーのちいさな探偵事務所だ。デスクには冷めたコーヒーと、ねぼけた目をしたメロン。

 

ジェリー「ん…?あれ?…トランプ兵は?女王の城は?」
メロン 「俺も同じ夢を見ていた気がする。…いや、あながち夢でもないかもしれないぜ」

 

メロンはジェリーの腰元をチラリと見やる。
トランプ模様の入った懐中時計の針は、どこか知らない世界を指したまま止まっていた。

 

すべての謎を解き明かしてくださりありがとうございました!

​なにかお気づきの点やご感想がございましたらLINEDMよりご意見をいただけますと幸いです。

注意事項
  • ブログ・Twitter・FacebookなどのSNSでネタバレになるような投稿は、ゲームを楽しみにしている方の夢を壊してしまいますので、固くお断りしています。

 

 

企画制作

維新エンターテインメント株式会社

静岡の体験型謎解きゲーム「たぬき探偵ジェリー」

© 2020 維新エンターテインメント株式会社

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • ブロガークリーン